October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ダメ出し!最近の福祉用具ネットショップ

福祉用具ニュースの管理者です。

今回は商品のご紹介ではありません。

最近の福祉用具ネットショップに「喝!」です。

他人のふんどしで商売している介護用品・福祉用具のネットショップがあまりにも多い(怒)


「他人のふんどし」とはどういう事かというと…。


商品の画像も商品説明も問屋任せのネットショップです。

新商品情報を紹介しても、「もっと詳細情報が欲しい」「実売価格が知りたい」等の方も多くいますので、楽天やAmazonのアフィリストを利用して、購入できる店舗の紹介もしています。

この店舗は安くていいね!と思いリンクを張る際にショップを確認するのですが、ほとんどのショップが商品画像1枚と問屋の説明テキストのみのショップばかりです。


メーカーホームページを閲覧すればいいから大丈夫と言う方もいますね。


ネットショップでは商品ページを作ることで、その商品の良いところや劣るところを理解して商品を覚えます。

良い所だけをアピールするだけではなく、劣るところを理解することで相談やクレームに対応することが可能となります。

※取り扱いの全ての商品では難しい現実はありますが…。

少なくとも商品は分かっていますので、自分作ったページを見ながら説明することぐらいはできますね。

ところが、問屋まかせの画像・テキスト説明だけでは、問合せがあった時に商品説明や相談に応じられません。


デパートや実店舗で購入する時は、見て・触り、納得して購入しますよね。

時には店員さんに商品の説明を求めたり相談もしますよね。

店員さんが「いや〜ちょっと」「カタログ見てみますから待って下さいね。」と言われた場合はどうでしょう?

そんなお店では、初期不良や修理、部品交換などスムーズにできるでしょうか?信頼できますか?


答えは〜否です。


実店舗の場合は取扱商品の事を勉強しているので、ほとんどのショップでは説明や相談に応じられます。


また、多くの画像をまじえ、説明をしているネットショップには詐欺サイトも少ないと言えます。

画像もショップ用に加工していますし、メーカーの説明文が分かりにくい場合は誰もが分かりやすく書き換えています。

手間も時間もかかり少し割高の販売価格となりますが、責任を持って販売しているので、修理や部品調達も喜んで受けてくれます。


その店の商品ページを確認させて、ライバル店に勝つため安売りして販売することを


「他人のふんどし」で販売するということです。


詐欺サイトに引っかかったり、買ったネットショップがなくなり修理に困ったり、安く買ったはいいが使いにくかったりと失敗することが多い方は「他人のふんどし販売店」で購入している方です。


多くの画像や説明文が記載され、商品を理解でき「買って良かった!」という商品ページを、ネットショップにお願いしたいと思います。

 

消費税10%で福祉用具の値上げ動向は?

消費税の影響
マスコミで報道されている消費税アップによる低減税率。

消費者としてはせめて生活必需品(食品)くらいは8%の据え置き、または、非課税にして欲しいと思うのは必然ですね。

特に中小企業の場合は景気が悪く給与が上がっていないのと、たくさんの商品値上げによるダブルパンチで大変です。

こんな質問がありました。

「消費税が10%になっても非課税製品は2%分値上がりしませんよね。」

非課税製品は読んで字のごとく消費税が免除されています。

ところが!

製品を作る際の材料は消費税がかかります。

また、これから中国の冬期オリンピックがあり、会場設置で使用されるため金属類の値上げは必至です。

ですから、値上がりはありませんが値上げは必ずあります。

利幅が削られ企業経営が圧迫されるわけですから…。

毎年のように福祉用具・介護用品の値上げが年中行事の様に行われている事から、買いたくても買えない人が増えていきます。

医療・福祉にあてる消費税と政府は謳っていますが、福祉用具も買えない・介護レンタル料金も上がる・障害者の実費分の負担も増えるようになります。

私は福祉に携わる者として、

病気になっても医療費はタダ
学校の授業料もタダ
出産・保育園料もタダ
福祉にまつわる費用もタダ(特に障害者)
介護にまつわる費用もタダ
食品関連は非課税

であれば、生活の不安が解消されるため、消費税は30%でも40%でもよいとも思います。
※個人的な意見でごめんなさい。

特に自宅で介護されている家族や貯蓄が少ない高齢者・障害者の悲鳴が聞こえてきませんか?

中小企業が多い福祉用具商品の応援と、安くて良い商品を皆さんに紹介していきます!

 

介護用品や福祉用具の値上げメーカー情報!

介護用品・福祉用具 価格改定
悲しいお知らせです。

10月から介護用品・福祉用具メーカー製品の価格改定(値上げ)となります。
なんか毎年の恒例行事みたいになってきましたね。

値上げに踏み切るメーカーをお知らせします。※あいうえお順
 
  • アイルリンク
  • アクションジャパン
  • アサヒコーポレーション
  • アシストJP
  • アスティコ
  • アビリティーズ・ケアネット
  • アルインコ
  • アルファックス
  • アルマコーポレーション
  • アロン化成
  • イーストアイ
  • いうら
  • イデアライフケア
  • イメディア
  • ウィードメディカル
  • ウィズ
  • ウィンド
  • ウチエ
  • エーアイジェイ
  • エア・ウォーター
  • エブノ
  • エンゼル
  • オフィス・ラボ
  • 片山車椅子製作所
  • キタニジャパン
  • 旭東
  • グランツ
  • コイズミファニテック
  • 弘益
  • 神戸生絲
  • コンフォートインターナショナル
  • 酒井医療
  • サンコー
  • 山陽総業
  • シクロケア
  • 島製作所
  • スワニー
  • 象印ベビー
  • タイカ
  • 大商産業
  • 竹虎ヒューマンケア事業部
  • TIC
  • テツコーポレーション
  • テラモト
  • 東海興商
  • 東京技研
  • 龍野コルク工業
  • 田辺プレス
  • TOTO
  • 東陽特紙
  • 徳武産業
  • 西川リビング
  • ニシキ
  • 日伸
  • ニチマン
  • ハリヤード・ヘルスケア・インク
  • パンジー
  • ビーエーエス
  • ビーウェル
  • フォーク
  • 広島化成
  • フセ企画
  • プロト・ワン
  • マイクリエイト
  • マキライフテック
  • まりあんぬ製靴
  • マルゼン
  • 萬楽
  • 美和商事
  • ムーンスター
  • 睦三
  • メテックス
  • ヤマソロ
  • 大和金属製作所
  • ユーキ・トレーディング
  • ユーバ産業
  • 吉野商会
  • ラッキーベル
  • ラックヘルスケア
  • リクシン
  • レイクス21
  • ロゴスコーポレーション
  • 渡辺工業
上記のメーカー商品の値上げについては、数品目〜全ての商品とメーカーにより異なります。
また、上記記載以外のメーカーの値上げもございます。

数年前まではメーカーが値上げに踏み切る時は、一大事でしたが最近は、「今のうちに上げちゃえ!」的に感じるのは私だけでしょうか?

介護用品・福祉用具というだけで普通の商品より高いので、もう少し企業努力が必要だと感じます。

※部品から本体までメード・イン・ジャパンだったら値上げも仕方がないかなぁと思いますが。

 

リッチェル 使っていいね!にぎにぎテープ

使っていいね!にぎにぎテープ
リッチェルよりグリップテープが新発売となっています。

ゴルフクラブやテニスラケットの介護用品バージョンのグリップテープですね。

材質がポリウレタン(メッシュ素材)なので弾力のある握り心地でしょう。

メーカーからの使い方はというと…。
  • 廊下の手すり:廊下の手すりは手を滑らせながら歩行する方が安全だと思います。BAD!
  • 離床補助具:ベッドやソファなどの立ち上がり補助手すりの事だと思いますが、GOOD!
  • トイレ手すり:トイレで滑ると大怪我につながるので、GOOD!
  • シルバーカー:滑りにくくなり、また、太くなることで力が入りやすくなり、GOOD!
  • 車椅子:シルバーカーと同じで、GOOD!
価格も高くなく2本入りということもあり、総合VERY GOOD!ではないでしょうか!

メーカー:リッチェル
商品名:使っていいね!にぎにぎテープ 2本入り
サイズ:2.5×80cm
重量:13.2g
材質:ポリウレタン
カラー:レッド
希望小売価格:972円(税込)
ネット実売価格:600円(税込)
販売時期:販売中

〜おすすめ関連商品〜
 
楽天

 
Amazon
 

メルカリ・ラクマで介護用品?

メルカリ・ラクマ
介護用品や福祉用具を購入する場合は、近くの福祉用具事業所はもちろんホームセンターでも販売しています。

他にもネットショップでも購入できるので、目にとまることも多くなってきました。

しかし、実際に手にとってみたり、試しに使ってみたりすることができにくいのが欠点です。

そこでネットフリーマーケットを活用してみてはいかがでしょう。

最近ネットフリーマーケットが流行っていますよね。

様々な特色やターゲット層に特化したフリマもありますが、今日ご紹介するのは商品カテゴリが多く、幅広い年齢層をターゲットとしているフリマです。
 
  • メルカリ(株式会社メルカリ運営)
  • ラクマ(楽天運営)

古参ともいえるメルカリは会員数が多くたくさんの出品数を誇っています。

一方、ラクマは楽天が運営している安心感と楽天ポイントが使えるのが特徴です。

どちらも出品者とコメントで商品について質問したり、値引きの交渉もやりやすく”Yahoo!オークション”のように値段が上がっていったり、落札期間もなくすぐ購入できるのも特徴です。

”新品・未使用品”から”傷や汚れあり”までの評価が価格に反映されています。写真もありますのでおおまかな状態は確認が可能です。

以前から欲しい(必要な)と思っている介護用品があればラッキーだし、安いからこれでいいか!という商品など様々選べるのでオススメです。

欲しいものは安く購入でき、いらない物は売る!なんてエコなのでしょう。


注意点は2つ!
  1. スマートホン(IOS・アンドロイド)専用
  2. メルカリは販売手数料10%必要(ラクマは無料)

フリマアプリをダウンロードして活用してみてはいかがでしょうか?

 

当サイト 福祉用具ニュースについて

介護用品・福祉用具の新商品や仕様変更などの情報をお届けする情報発信サイトです。

福祉用具ニュースは…

Google AdSense
楽天 アフィリエイト
Amazon アソシエイト

の収益とスポンサーメーカーの協力にて運営しております。
 
1
pagetop