October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

対決!カーボン製車椅子用スロープ

ダンスロープ エアー
住友ゴム工業から車椅子用スロープの新商品が発売となりました。

特殊カーボン織物(住友ゴムと東レ株式会社共同開発)と中空構造で業界最軽量クラスのスロープ。

とメーカー紹介文にありました。

私の記憶違いだったら申し訳ないんですが、確かダンスロープは海外からの輸入品だったと思うんですが…

オーストラリアだったかなぁ…。違っていたらすいません。

まぁそれは置いといて、業界最軽量クラスって言うところが気になりました。

カーボン製の車椅子用スロープは他にもありますので比べてみましょう。

パラレール
こちらは、津田駒工業製のカーボン製スロープ「パラレール シリーズ」です。

”フルカーボンタイプ”と”アルミ&カーボンハイブリッドタイプ”がありますね。

同じ120cmタイプがあるのでこれで比較してみます。
 
ダンスロープエアー パラレール
長さ 120cm 120cm
64cm 21cm×2枚
高さ 3cm 3cm
重量 約4.6kg 約4.2kg(2枚)
耐荷重 300kg 300kg
※150kg×2枚
材質 カーボン カーボン
価格 140,000円(税抜) 110,000円(税抜)

折りたたみタイプでも1枚物のように使用できるダンスロープエアーと、2枚物を連結ベルトで繋いであるパラレールでも、車椅子で段差を解消するスロープとしてはほぼ互角です。

介護者が車椅子を押す場合は、地面に足がつくのでパラレールの2枚タイプが足に力が入り楽です。自走の場合は真ん中に隙間がないダンスロープエアーが安心感があります。

重量に関してダンスロープエアーは業界最軽量クラスと謳う割に、パラレールに0.8kg負けています。

価格に関しては、パラレールの方が3万円安くなっています。ですが、実売価格は同価格くらいになると思いますね。

販売元の信頼度は有名な住友ゴム工業が上です。ですが、津田駒工業はカーボン編機を製造していて、海外にも輸出しているのでそういう意味では信頼度は厚いと思います。

ダンスロープエアーのカーボンが、津田駒工業製の編機だと笑ってしまいますが。

■結論!
お好みで

■販売開始日
ダンスロープ エアー シリーズ:10/21

パラレール シリーズ:販売中

 
pagetop