September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

リトルキーパスが凄い!アシスト・ブレーキセンサー機能歩行車

リトルキーパス
テイコブ(幸和製作所)から、電動アシストモード付き歩行車が発売されました。

この「リトルキーパス」最大の特徴は、センサー感知によりモーターへ連動させる技術の搭載です。

登り坂道の場合は、オートアシストで押す力を少なくでき、下り坂道はオートブレーキ制御で進み過ぎることを制御できます。

バランスを崩したり、つまずいた時など歩行器を急に進めたりすると、センサー感知でブレーキ制御がかかり転倒を防止できます。

オート回転制御!私の中ではこの機能がすごい!と思います。

坂道を横断する際に通常は下り側に流れてしまいます。そこをモーターにより同速度で回転させ、下り側へ車体が流れてしまうことを防止します。

安定・安全・安心機能が詰まっている製品ですね。

また、アシストやブレーキを操作パネルで簡単に変更することができます。

操作パネル部
ここで凄いのがサポートモードです。

このモードはパーキンソン病の方への、車体に身体をあずけるように使用する方に最適なモードがあることです。

抵抗器付きブレーキや抑速ブレーキで対応しきれない方への使用が可能となりますね。

電動(バッテリー)でフル充電で4時間の使用が可能となります。(充電時間は約2時間)

ですが、ここで注意が必要です。

500回のサイクル寿命(充電する回数)となりますので寿命が近づくと使用時間の短縮も考えられるので、バッテリー交換の必用があることを理解しておかなければなりません。

また、新車購入時には予備バッテリーも同時購入することをおすすめします。


メーカー希望小売価格:199,800円
発売時期:12月
ネット実売予想価格:160,000円くらい
 
pagetop